長崎県島原市の小児科・アレルギー科 石橋こどもクリニック 0120-07-1484
小児科・アレルギー科 石橋こどもクリニック
ホーム
お知らせ

ホームページ開設日  2009.05.28
(約9年4カ月)
最終更新日
 
2021.2.23
次回更新予定日    未定
 
アクセスカウンター


1)ホーム
ホーム

2)医師紹介
医師紹介

 お知らせ 令和3年2月11日
 やっと希望する就職口が確保出来ましたので、報告致します。昨年9月末で長年(22年間)開業していた勤務していた「石橋こどもクリニック」を閉院しました。身を切られる思いでした。新たな出発を探していたら、佐賀県の武雄市で希望に合うような小児科外来を主体とする小児科医院に出会いました。3月末から勤務しています。これからは、武雄市周辺の子ども達のために尽力する所存です。
 武雄市から島原市から武雄市までは「諫早湾干拓でできた堤防道路」を使うと自家用車で1時間半から2時間ぐらいの距離(約60km)です。近くの鹿島市には「祐徳神社」、その先には、神埼市の「国営吉野ヶ里歴史公園」、紅葉で有名な「九年庵」、佐賀市の「金立(きんりゅう)山いこいの広場・金立公園コスモス園」などがあります。
 令和3年4月1日から佐賀県武雄市の毛利医院(小児科)に小児科医として勤務することになりました。長らくお世話になりました。
 今後は単身赴任しますが、時々島原に帰ってきて、ゴルフ、室内合奏団や買い物にも出掛ける予定です。
 但し、新型コロナ感染症が島原市か武雄市で流行した場合には、外出は控えます。
 1日も早く新型コロナウィルスに対するワクチンを皆様が受けられるようにならんことを切望しています。
 令和3年2月 石橋 俊秀


勤務先:毛利医院 〒849-2304 佐賀県武雄市山内町三間坂甲14014-5 
TEL(0954)45-3545 FAX(0954)45-4367 http://www.ryumondo.or.jp/?page_id=175

なお、このホームページは3月末で閉鎖致します。
 島原城の梅便り 令和3年22日(月曜日)
  『そろそろ梅の花が満開になったかなぁ』と、思って、再び島原城を訪れました。全体的には丁度満開でした。『散ってしまった所も散見されて残念で、2日~3日前に来れば良かったのかなぁ』と、思ってしまいました。
 前回は紅梅が主でしたが、今回は白梅とピンクの梅の花がめだちました。1本は、黄色い花が咲いているように見えました。本当に黄色い花を咲かせる梅があるのか、調べてみました。蝋梅(ろうばい)というそうです。
 ”蠟細工”のような、梅に似た花」から「蠟梅」の名になったらしい。  
 特に立ち入り禁止となっていなかったので、梅の花に近づいてアップの写真を撮影しました。私には、拡大された物は「ボタンの花」のようにも見えました。
 紅梅と白梅が代表ですが、梅の花にもいろんな種類があるそうです。皆さんの所ではいあかがですか?
 <2月12日の記事>
 ラジオで島原城の開花し始めたというニュースを耳にしたので、令和3年2月12日にふと、島原城を訪れてみました。
 上が島原市の「木」に指定されているのを知っていました。小学校の卒業式の時に子ども達がもらってきたような記憶があります。
 しかし、今まで開花時期にそこを訪れる機会を作らなかったので、どのような梅が咲くが知りませんでした。行ってみると、島原城の登り口の右手に紅梅が目につきました。五分咲き程度でしょうか?
 それから、左の手前側の高台(古野梅苑)には七分咲きくらいの「紅梅」白梅」と「ピンクの梅」を同時に鑑賞できる絶景スポット(左手にピンク、右手に紅梅、真ん中の奥に白梅)がありました。地元島原の人や宮城県からの観光客などがチラホラと見られました。
 その奥にも梅林がありましたが、三分咲き以下でした。
 また、島原雛巡りでは島原城もそのルートの一つですが、私が行ったと時はすでに会館時刻を過ぎていました。
 梅の種類