長崎県島原市の小児科・アレルギー科 石橋こどもクリニック 0120-07-1484
小児科・アレルギー科 石橋こどもクリニック
ホーム
案内
A)院長挨拶
B)
クリニック案内
 1)診療案内
 2)交通アクセス
 3)駐車場
 4)当院の特色

C)
事務連絡 

ホームページ開設日  2009.05.28
(約9年4カ月)
最終更新日
 
2019.08.26
次回更新予定日    2019.10.01
(4週間間隔)

ただし、
 お知らせコーナーは週1回以上の頻度で更新しています
 
アクセスカウンター
月平均:約300人


























  院長挨拶 令和元年.08.28
 最近は、あまり流行病はありません。その中では、溶連菌感染症が要注意です。
 
RSウィルス感染症も流行しています。

RSウイルス感染症

原因RSウイルスは鼻風邪の原因ウイルスですが、小さな赤ちゃんがかかると息苦しくなる事があり、小さな赤ちゃんには恐ろしいウイルスです。
 

症状と合併症:小さな赤ちゃんではまず、鼻水から始まり、38-39度の発熱と咳が続きます。初めてかかった場合には、25-40%の乳幼児で気道の末梢(細気管支)が炎症を起こし、細気管支炎や肺炎になるなどの兆候がみえ、呼吸困難をおこし0.5-2%で入院が必要となります。大部分の子どもたちは、8-15日で軽快します。冬によくはやり、2歳までには大部分の子どもがかかると言われています。その後もRSウイルス感染症は生涯の間に何度もかかりますが、普通の風邪あるいは、ひどい風邪のような症状の場合が多くなります。
 中耳炎も良く合併します。

潜伏期間RSウイルスのうつりかたは風邪と同じで、咳やくしゃみで飛び散ったウイルスを吸い込んだり、ウイルスがついたおもちゃをなめたり、ウイルスがついた手で赤ちゃんの口元を触ったりといった事でうつります。潜伏期は2-8日です。上の子が感染した場合、症状が出る前に下の子にうつすリスクがあります。また、小さな子どもは、症状が消えてからも、1-3週間程、周囲の人たちにうつす可能性があります。


危険因子RSウイルス感染症は、生後6ヶ月以下の赤ちゃんがかかると、重症になりやすいので小さな赤ちゃんは、かからないように十分に気をつけないといけません。

タバコの煙もRSウイルス感染の危険因子の一つと考えられています。RSウイルス感染を防ぐためには、受動喫煙を防ぐことも大切です。
 風邪をひいたと言っても、毎回原因となるウイルスは違っています。できる予防をして、冬場にそなえましょう。

診断:鼻からの迅速診断キットがあります。約15分ぐらいで結果が分かります。高熱が続く場合には、採血で細菌感染症の有無や程度を調べると、外来治療だけで良いか、入院すべきかの参考になります。
 また、酸素飽和度(SPO2)という検査は呼吸困難の程度の知るのに有効な検査です。痛くありません、大抵の医療機関では無料で実施したいます。標準は95~100%で、95%未満は呼吸困難が強いという目安になる検査の一つです。

治療:対症療法が中心です。夜間の咳がひどい場合には、テープや吸入についても相談しましょう。
 細菌感染と二次感染・混合感染には、抗菌薬が有効です。

予防接種:商品名シナジスがあります。高額なため、対象が限定されています。早産児、先天性心疾患で重症な児、ダウン症候群の児など。

これは、特に重症化しやすい未熟児の赤ちゃんや、気道や心臓に問題のあった赤ちゃんに、感染予防として使われています。RSウイルス流行期に月1回筋肉注射されます。残念ながらこの注射は、現在のところ、どの赤ちゃんでも受けることができるというものではないのです。
 
 お知らせ
1)8月30日(金曜日)は学会に出かけるため、午後の診療は17:30までの受付とします。18:00のバスに間に合うように、診察を切り上げる予定です。

2)10月からのインフルエンザの接種料金 

市名 島原市  南島原市  雲仙市
対象者  小学生
高齢者 
小中学生
高齢者 
小中学生
高齢者  
料金   1,500円 1,500円  1,500円

小児科医の仕事
 皮膚科、耳鼻科や眼科など他科の先生と重なるところも多いですが、小児科の仕事は以下のようなものです。
A)院内
1)一般診療
 診察・診断・治療(薬剤、吸入や浣腸などの処置)、相談など。吸入器のレンタルや販売も実施しています。発熱時の対応、夜間・緊急時の受診体制などに対する指導にパンフレットを活用しています(インフルエンザ、RSウィルス感染症、アデノウィルス感染症など)。
 私は抗菌薬の適正使用を心掛けています。通常の感染症はウィルスによるものが殆どで、基本的には抗菌薬(抗生物質)は不要です。インド、韓国や日本は耐性菌が多い国という不名誉の状況です。島原の現状を考えて、必要に応じて抗菌薬を処方します。
2)予防接種
 種類、受ける時期、病気からの接種間隔、次の接種予定などを積極的に伝えています。
 今でも、病気に罹った方が良いと、誤解されている方もいらっしゃいます。病気によっては、死亡してしまう危険性が高いものや後遺症に悩まされる可能性が高い病気もあります。一例をあげると、ヒブワクチンが開始される前までは、インフルエンザ菌b型による敗血症や髄膜炎で亡くなる子が日本では年間100200人いました。予防接種を受けた人からは、敗血症や髄膜炎で亡くなる子はゼロになりました。
 ☆予防接種の受付時間の変更9:0012:0014:0017:30。但し、土曜日は14:0016;00
3)乳児健診
 発育、ケガ・事故の予防、病気などの相談など。
 乳児健診をもっと受けましょう。生後1カ月と3~4カ月の健診を受ける人は多い。しかし、6カ月~1歳未満の健診を受ける人は少ない。特に子どもの人数が多い人ほど受けられていないようです。成長記録の写真もそのような傾向があるようです。
 保健センターなどで実施している乳幼児相談(無料)と小児科などで健診券(市町村が医療機関の費用を負担します)を使って受ける方法があります。単に自費で受けられてもそれ程高額ではないので、2回健診を受けられる人もいらっしゃいます。
4)当番医
 祝日の当番医。島原市では当院、水田小児科医院、島原病院で輪番です。
B)院外活動
1)乳幼児健診・・3カ月児健診、1歳半児健診、3歳半児健診、5歳児健診。
 以前は小児科医だけで対応していましたが、現在は内科・外科・産婦人科医にも協力要請。
2)学校医、園医・・幼稚園、保育園、中学校などを担当しています。
 少子化の影響を一番受けるいるのが、産婦人科と小児科です。一般診療や予防接種も出来るだけ小児科で受けてくださると、有り難いです。今後を診療後の相談や時間外診療も精一杯頑張りますので、声援をお願い致します。

☆時間外診療
 土曜の18:00から、日曜日の17:00にかけては、島原病院非常勤小児科医(0957-63-0202)が頑張って下さいますので、島原半島内の小児科医は大いに助かっています。
 ☆平日の診療時間終了間際とか、土曜日の16:0018:00までの間とか、日曜日の17:00過ぎとか、どうしたら良いのか分からない場合には、試しに当院に電話してみて下さい。
1)0957-65-0008(石橋こどもクリニック)
2)090-3417-2163(携帯電話)
3)0957-64-4364(自宅)の順に電話してみて下さい。
 また、水曜日の午後は乳児健診、幼稚園や保育園の健診、看護学校の講義などに出掛けますが、17:00過ぎには診察可能な事が多いので、困ったら電話してみて下さい。
 奇数日:まずは主治医か当院に電話してみて下さい。
 偶数日:まずは主治医か当院に電話してみて下さい。偶数日なら、島原病院常勤小児科医(0957-63-1145)が診察して下さるかもしれません。
 ★どちらにしろ、連絡つかない場合や断られた場合には、諫早総合病院(0957-22-1384)や長崎医療センター(0957-52-3121)に連絡してみて下さい。

事務連絡  
A)看護師・・上田、古川、荒木の3人体制です。
 
B)
医療事務・・上田、松尾と森野の3人体制です。 
 予防接種や保険のなどについて質問してみて下さい。
    クリニック案内 

 
 
 診療予定  
※土曜日午後の診療時間の表記が間違っていましたので、
  以下の通りに変更します。
 診療時間 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
 9:00~12:30            
14:00~18:00      休診      
 小児科とアレルギー科の専門性をいかしたクリニックを目指しています。何でも気軽に相談して下さい。時間外診療もできるだけ頑張ります。親切、丁寧(ていねい)をモットーとし、親身な対応を心掛けています。スタッフは6人となりましが、明るく家庭的な雰囲気に苦心しています。
 
小児科一般、アレルギー疾患、いろんな予防接種、乳児健診、育児相談、診療・検査・治療方針・薬など医療全般に関わる相談など。 

産婦人科の新生児と乳児健診のため、午後の診療開始が
  14:00過ぎになる事がありますので、予めご了承下さい。

土曜日の午後の受付は14:00~16:00までです。
  日曜・祝日は休診。
 

☎ ①日中(0957-65-0008)、
  
②夜間(0957-64-4364)、

  ③緊急:携帯電話
(090-3417-2163)
     交通アクセス

 
住所:島原市新町1丁目205-1サンライズ21ビル201号室です。
 大通りから見ると、ダイエーの裏で、中央公園(旧二小跡地)のすぐ側です!
島原マタニティ病院からアーケード方向に向い、十八銀行の手前を左折すると、
松田皮膚科あり。その先の角を左折したら、二階建てのビルと駐車場が見えます。
 「石橋こどもクリニック」は、そのビルの二階です。
前方には、柴田長庚堂病院が見えています。駐車場もあります。


   電話や口こみで場所をご確認の上、来院下さい。
下記のインターネットには、詳細地図が紹介されていますので、参考にして下さい。


石橋こどもクリニック地図1

石橋こどもクリニック地図2
     駐車場
 医師紹介
1)医師紹介

まめ知識
2)まめ知識

質問・相談
3)質問・相談

お知らせ
4)お知らせ 

 
クリニック周辺
 「石橋こどもクリニック専用の駐車場」は四台分、「サンライズ21ビル共用の駐車場」が四台分です。

 
注意)予防接種やインフルエンザの流行のため、駐車場が込み合っています。

 
上記に空いていない時には、ジャンボ駐車場などをご利用ください 
その際には、無料の駐車券やご利用の駐車料金をクリニックが負担しますので、受付で申し出て下さい。駐車場案内をビル内出していますので、共用もしくは石橋こどもクリニック専用の駐車場に駐車して下さい。そこに駐車しにくい場合には、近くのジャンボ駐車場などにに駐車して下さい。駐車券または1時間分の現金をお支払い致します。
 
間違って他の店舗の所に無断で駐車される方がいらっしゃいます。他の店舗の方から苦情がきています。混雑している時には、まず近く有料駐車場に車を駐車して来て下さい。どこに駐車していいのか分からない場合には、一階の店舗の方や当院の受付で、または電話で必ず駐車して良い場所なのか、駄目なのかを確認してから駐車して下さい