長崎県島原市の小児科・アレルギー科 石橋こどもクリニック 0120-07-1484
小児科・アレルギー科 石橋こどもクリニック

★写真・映像紹介
 趣味で写真を撮ったり、ビデオを撮ったりしています

  医師紹介 31.1.01
 <略歴>
 
<氏名> 石橋俊秀(いしばし としひで)
 1955年(昭和30年) 現在の南島原市西有家町生まれる。
 出身の竜石小学校が、平成28年3月31日付けで閉校されました。それに先立って、1月31日に閉校式があり、参加しました。以前は木造建築だったのが、鉄筋コンクリートに変わっていました。それも、今後利用されるのは、体育館や運動場だけになるでしょうか?在校生達は4月からスクールバスで西有家小学校に通学するようになりました。時代の流れと言ってしまえば、それまでですが、寂しい気がします。
 長崎県立島原高等学校から自治医科大学の医学部に進学。
 高校時代には弦楽部に所属。
 大村市の長崎中央病院(現国立病院機構長崎医療センター)にて研修。
 その後、上五島病院、有川病院、対馬いづはら病院等の離島勤務。
 平成6年から、島原マタニティ病院勤務。
 平成11年7月26日に当地に開業しました。


 団員の妹さんがデザインされたポロシャツ
 表:島原室内合奏団 と弦楽器のイラスト
 裏:弦楽器と音符のイラスト

<院外の役職>

 
島原市立第一中学校の校(春の内科健診、心電図解読)
 おさなご園の園医(春と秋に内科健診を実施)
 桜花保育園の園医(春と秋に内科健診を実施)
 島原市の乳児健診に平成26年度は18回程度の予定です。

<趣味>

バイオリン演奏 島原高校時代に弦楽部に所属、大学時代は主にバスケット部の活動をしていましたが、時々バイオリンを弾いていました。
 ☆バイオリン、ビオラ、チェロとコントラバスに触ったことがある人あるいは触ってみたい人は、萗台時で毎週水曜日の午後8時~10時くらいまで練習しています。団長は上田さんですが、連絡先は萗台寺の安藤さん(62-6672)または、私(石橋、65-0008)でも結構です。

1)
8月18日(日曜日)の昼には、第50回サマーコンサートを開演します。 ビバルディの四季(春、夏、秋、冬)の全曲をメインとします。 
   
睡眠時無呼吸症候群 令和元年 08.01
 


 

 睡眠時無呼吸症候群は大人の病気と思われがちですが、子どもにも1~4%いるとされています(朝日新聞2019年7月1日~5日のシリーズから引用)。いびきを気にしない人もいらっしゃいますが、いびきだけでもはた迷惑です。また、いびきがひどいと、その後に息をしていない時間(無呼吸)が問題です。ようするに酸素不足のために、いろんな障害を起こしているのです。
 
症状
1)いびきがひどい
2)食べるのが遅く、小食だ
3)よく風邪を引く
4)鼻が詰まって苦しそうだ
5)中耳炎や肺炎になりやすい

原因
1)子どもではアデノイドと扁桃腺の肥大が多い
2)大人では、肥満や加齢が原因のことが多い。

チェクリスト「こどものいびきアンケート」(OSA―18 日本語版)
 以下の問いの答えとして,下記の1~7のいずれかをお選びください
 1.なかった 2.ほとんどなかった 3.ときどきあった 4.よくあった
 5.結構あった 6.大分あった 7.いつもあった
Ⅰ あなたのお子さんは過去4週間の間にどのくらい
⑴ 大きないびきをかいていましたか
⑵ 夜中に息をこらえたり,息がとまったりしていましたか
⑶ 夜中にのどに物をつまらせたような音をさせたり,あえいだりしていましたか
⑷ 頻回に寝返りしたり,たびたび目を覚ましたりしていましたか
⑸ 鼻が詰まるせいで口をあけて息をしていましたか
⑹ たびたび風邪をひいたりしましたか
⑺ 鼻水が出ていましたか
⑻ 食べ物が飲み込みづらそうでしたか
⑼ 感情的に不安定でしたか
⑽ 攻撃的であったり,はしゃぎすぎたりしていましたか
⑾ 反抗的でしたか
⑿ 昼間にひどく眠そうでしたか
⒀ 集中力に欠けたり,集中できる時間が短かったりしましたか
⒁ 朝起きた時にぐずったりしましたか

Ⅱ 過去4週間の間に,以上のようなお子様の症状により
⑴ お子様の健康状態に不安を抱きましたか
⑵ お子様が十分に息を吸えていないのではないかと思われましたか
⑶ あなたの日常生活に支障をきたしましたか
⑷ あなたをイライラさせましたか

診断
1)X線撮影・・顔を横からX線撮影すると、アデノイドや扁桃腺が大きくなっている
2)聴力検査・・難聴傾向があるかどうか調べる
3)酸素飽和度・・指に酸素濃度調べる器具を装着して、夜間の酸素飽和度の変化を調べる

治療
1)小児では、手術でアデノイドや扁桃腺を切除する。
 UPPP(口蓋垂軟口蓋咽頭形成術)口蓋垂、扁桃を切除し、軟口蓋、口蓋弓を含む中咽頭部の過剰粘膜を切除、短縮縫合し、上気道を拡大させます。
 扁桃・アデノイド切除術:小児のOSASの原因は、扁桃肥大、アデノイドが多いため、小児の患者の場合には積極的に行われます。
 ※中耳炎の合併があれば、鼓膜を切開して細いシリコンチューブを鼓膜に差し込む。
2)大人では、CPAP療法が第一選択です。
 CPAP療法とは:
Continuous Positive Airway Pressure の略称。持続気道陽圧法。睡眠時無呼吸症候群の治療として人工呼吸器で選択されるモード。
 人工呼吸器は機械本体とマスク、それをつなぐホースで構成されている。
 睡眠時に鼻にマスクを付け、機械からホースを通じて空気を 気道に常に送り込むことによって、気道がふさがるのを防ぎ、同時に呼吸停止やイビキを軽減されるものをNasal CPAP(経鼻的持続気道陽圧法)と  呼ぶ。睡眠時無呼吸症候群の治療では、これが一番ポピュラーである。
3)鼻腔形態改善手術(鼻中隔矯正術、粘膜下下甲介切除など):
 鼻閉は口呼吸を誘発し、直接または間接的に睡眠呼吸障害の原因となります。また鼻閉があるとCPAPの使用も難しくなります。
 このため、鼻腔形態の改善は治療上、非常に重要となることがあります。
4)歯科装具:
 患者ごとにマウスピースを作成し、下顎を前方に引き出します。

治療の効果
1)いびきがなくなるか、軽くなる
2)食欲が増す
3)身長や体重増加が目立つ
4)感染症に罹りにくうなる
5)体力が増す。

   
今後の予定

ホーム

1)ホーム

まめ知識
2)まめ知識

質問・相談
3)質問・相談

お知らせ
4)お知らせ  
 
 2019年度 乳児健診予定
08月07日(水曜日) 5歳児児健診  14:30~
09月11日(水曜日) 4カ月健診    14:00~
10月16日(水曜日) 1歳6カ月健診  14:20~
11月13日(水曜日) 5歳児健診     14:30~
12月04日(水曜日) 5歳児健診     14:30~
12月25日(水曜日) 4カ月健診    14:00~
☆31年祝日当番医
09月16日(祝日)

10月22日(祝日)