長崎県島原市の小児科・アレルギー科 石橋こどもクリニック 0120-07-1484
小児科・アレルギー科 石橋こどもクリニック

 
質問・相談  30.02.01
 質問はいつども、どもでも、誰でも、何でも結構です。
 
診察の時が一番です‼ 予防接種に関することでも結構です。
 説明を聞いたがよく分からない場合には、何度でも聞き直して下さい。
聞こうと思うことをメモしておくのも有効な方法です。
 また、説明を聞いた時には、判ったつもりだったけど、家に帰ったら、不安になったり、どうしたら判らなくなったら、すぐ電話で相談して下さい。
★Email相談も実施しています。
 それほど急がない質問は、メールでも結構です 
 メールアドレスは、ishibashikodomo@shimabara.jp
 
です。
☆ 急用の時は、今まで通りに電話して下さい。   
   
相談 Q&A 30.02.01
   
:口の中を痛がります。どうしたら良いのでしょうか?
:原因にもよりますが、一般的には以下のようなことから試して見て下さい。
 ①解熱剤には鎮痛効果があるので座薬や内服薬を試して見ましょう。
 ②ヨーグルトやバナナなどしみにくい食べ物を与えてみましょう。
 ③ベロや頬の内側を痛がるようなら、口内炎用の塗り薬を試してみましょう。
  ※ベタベタするので2~3歳未満の子は嫌がります。
 ④4歳以上なら、うがい薬やトローテ試して見ましょう。

:乳歯がぐらぐらゆれて抜けそうです。触れないほうがいいのですか?
  それとも指でゆらして抜いてしまったほうがいいですか?
:乳歯を無理に指で動かして抜くことはあまりお勧めしません。汚れた指をお口の中に入れることも問題ですし、無理に引っ張り抜いてしまって、抜いた後の歯肉がエプーリス(歯肉による限局性良性腫瘤)になり切除した症例もあります。また、グラグラの歯に糸を結びつけて無理に引っ張る、ドアノブにくくりつけて、ドアを閉める勢いで抜くを家庭で行う方がいるようですが、糸を用いたことによって、子どもがデンタルフロスに恐怖心をもつようになった例もあります。まし、ゆらゆらしていてご飯が食べにくい、非常に違和感がある、誤飲の危険が考えられる(全身疾患がある)などの場合は、歯科医院で抜歯することをお勧めいたします。

:外傷などで早期に歯を失った場合、そのままでいいですか?
:永久歯も乳歯も、抜けた場所をそのままにしておくと、両隣の歯が傾斜し、かみ合わせも崩れてきます。できるだけ歯を失ったスペースを確保しておく必要があります。外傷で失うことが多い前歯の部分をそもままにしておくと、発音がうまくできなかったり、審美的に問題を生じますので、入れ歯(乳児用もあります)を使用します。すでに顎骨の成長が終わっている場合は、ブリッジやインプラントなど最終補綴物を検討します。
(チャイルドヘルス 2017年12月号 p59)
   
 29.01.01
ホーム
1)ホーム
医師紹介
2)医師紹介
まめ知識
3)まめ知識
お知らせ
4)お知らせ 
 
 日本小児科学会では、こども救急に関して、緊急に受診した方が良いのか、しばらく様子みても良いかの目安を自己チェック方式で判定してくれます。
 年齢対象は生後1カ月~六歳未満とし、気になる症状として以下の19項目をあげています。発熱(38℃以上)、けいれん・ふるえ、吐き気、せき・ゼェゼェする、腹痛・便秘、皮膚のブツブツ、下痢、泣きやまない、おしっこが出ない、意識がない、耳を痛がる、頭痛、誤飲、ウン
チが変、鼻血、動物に咬まれた、虫に刺された。やけど、頭を強くぶつけた。
 上手な病院のかかり方にもつながりますので、一度参考までにご覧下さい。