おかもと内科
Welcome to Okamoto Clinic !
HOME
骨粗鬆症Q&A
骨粗鬆症ドック
診断・治療機器
診療案内
院長プロフィール

ご質問・お問い合わせはこちらまで


骨粗鬆症は怖くない?
骨粗鬆症がX線でわかるか?
腰の骨量を測るのが基本?
骨粗鬆症の治療は効かない?
薬より生活指導?
カルシウムで大丈夫?
骨粗鬆症は病気ではない?



骨粗鬆症は怖くない?
答え
「骨粗鬆症は怖くない。折れるまで放っておいてよい。折れたら手術すれば治る」と発言なさる方がありますが、完全に間違った考えです。
骨折による「寝たきり」は最も悲惨な結果です。手足の骨折でも大変な痛みを伴い入院して手術することとなります。骨粗鬆症が怖くないはずがありません。また脊椎の骨折は殆ど女性に起こり、背中が曲がって身長が低下します。我慢できない腰痛も起こり、楽しいはずの人生が大きく変って苦しい生活になります。
今はお薬のてだてがあり、骨折を予防できる様になりました。



骨粗鬆症がX線でわかるか?
答え
「初期の骨粗鬆症はレントゲンでは判らない。」ということが判りました。X線では骨が30%も減らないと判らないと言うことが骨量を測れるようになって初めて判りました。血圧を測らずに高血圧の治療をしたり血糖を見ずに糖尿病の治療をする。これは非常識です。X線をとらないで骨粗鬆症の診断をするのは非常識ですが骨量測定をせずに骨粗鬆症の治療をするのは、それ以上にもっと非常識なのです。 骨の量を測るのが第一です。



腰の骨量を測るのが基本?
答え
いろいろな測定法の中で一番正確なのは、腰の骨量の測定です。年3%ずつ減る女性の骨を診るのには誤差が1%以下の腰の骨量を測らなければいけません。おおよその目安を見るには、腕や、かかとの測定でもよいのですがバラツキが大きくて治療効果を見るのには役に立ちません。腕や、かかとで低いと言われた時は現在における標準の「腰の骨量」を測りなおす必要があります。



骨粗鬆症の治療は効かない?
答え
「骨粗鬆症の治療薬は効かない。薬で骨折は減らない」という主張も昔ありました。薬剤の進歩を勉強していない方の意見です。骨粗鬆症の4400例を4年間追跡した米国の報告では、お薬をのむだけで骨折が、なんと9分の1に激減しているのです。薬は効きます。1997年4月米国FDA(日本の厚生省にあたる)は、このお薬を「閉経後の全女性に投与してよい」と認可を出しました。「お薬でなければ女性の骨折を止めることは出来ない。全女性の幸福でもあるし、骨折してからの手術代、介護を考えれば財政的にもよい」という判断なのです。



薬より生活指導?
答え
生活指導で転倒を防止すれば骨粗鬆症の薬はいらないと主張する方があります。「転ばなければ骨は折れない。」正論のようにも聞こえます。でも実現可能でしょうか?「不注意で交通事故は起きる」という話に似ています。生活指導で「不注意をやめろ」と呼びかければ信号もいらない。取締りもいらない。そんなことはないでしょう。現実性がありません。転びたくて転んでる人はいないのです。転倒を注意だけで完全に防止できるのなら、何十年も前に骨粗鬆症による骨折は殆ど消失していたでしょう。本当に生活指導で転倒を防止できる実績をあげてから言うべきです。



カルシウムで大丈夫?
答え
「カルシウムを摂ればもう大丈夫」と思い込んでいる人が多数見られます。本当か?考えてみて下さい。日本人の3倍の一日1500mgもカルシウムを摂るデンマークやアメリカの骨折率は日本より高いのです。カルシウムだけでは無理なのです。「高血圧を塩分の少ない食事だけで治したい」というのに似ています。限度があります。薬を使わずになんとかしたいのは誰でも望むところですがカルシウムも運動も日光も、残念ながら強力な効果はありません。「食事、運動、日光が重要」という生活指導も十年前ならともかく、そろそろ考える時が来ました。ことさら指導はしなくとも食事、運動、日光などの大事さはもう殆ど95%の方がご存知です。本当に生活指導で骨粗鬆症を改善する実績があがっているか。減った骨量を増やすにはやはりお薬の助けが必要です。



骨粗鬆症は病気ではない?
答え
「骨粗鬆症は白髪や老眼と同じで病気ではない」等という方もあります。それでは、高血圧、動脈硬化も病気ではないのでしょうか? 脳卒中や、心筋梗塞も年のせいだ。心配ない、怖くないと言うでしょうか。骨粗鬆症は女性の病気です。女性の殆どの方が骨粗鬆症になりますが男性には少ないのです。女性の骨量激減の最大の危機は閉経です。この時期の予防と治療が大事です。以後も骨は減少し続けます。骨折前の状態でも病気と呼ぶのは、国際的にも常識です。もしも女性が男性と同じくらいにしか骨折しない世の中がくれば、それはそれは素晴らしいことです。



Copyright Okamoto Clinic. All rights reserved.