SFっぽいもの、アクション

**年齢制限無し

速達配達人 ポストアタッカー 〜ポストアタッカー狩り〜

主人公サトミが、除隊してポストアタッカーになるまでの物語。
時代は第4次世界大戦の戦後。
ガソリンが枯渇して移動の主流が馬に、インフラ破壊されて電話は政府が運営する衛星通信しかない高級品になり果てた、文明が少し戻った感じの、近未来アクション。

特殊部隊の少年兵だったサトミ・ブラッドリーは、銃社会でなぜか日本刀使い。
戦後、除隊して両親が居るはずの実家を目指したが、彼の家族は行き先を告げず引っ越したあと。
探すすべを失い、とりあえず旅の途中で出会った、なぜか喋る馬?のビッグベンと家で暮らすことに。

平和〜な日々が漫然と続く……かと思ったら。
15才なのにヒマでボケそうな彼を郵便局がスカウト。

それは速達業務のポストアタッカー、早馬で盗賊を蹴散らし、荒野を越えて荷物を届ける仕事。
しかしそんな彼らはその時、地雷強盗で重大な危機を迎えていたのでした。

血で血を洗う特殊な部隊にいた彼が、一般の普通〜の人々に囲まれ、普通を目指すポストマンのあまり普通じゃないお話。
危機って聞くと腕が鳴る、困った元少年兵の、荒廃したどこかの国の未来の物語。

>>ポストアタッカー(小説家になろうへ行きます)

近未来アクション。通信手段の破壊された戦後の荒廃した都市で、郵便局の速達業務をこなすポストエクスプレスの凄腕ポストアタッカー、サトミ・ブラッドリー。次の荷物はアンドロイド少女エリー。
その行く手に待ち受けるのは?
戦うサムライポストマン、アクション中編。

中編。コロニーアクセスの、一般人による歩合制ポリス「イミテーション」。
新米イミテーションの万年貧乏ソードは、駐車場の管理室に間借りする居候の17歳。
今日も行き倒れ寸前で、明日のご飯を求めて犯人を追う!
へたれアクション、連載中。